中国の祝祭日

名称 月日 説明
法定休日
新年
(正月)
西暦1月1日 全国的に1日休日となる。
春節
(旧正月)
旧暦1月1日
(1月下旬から2月上旬)
春節は中国でもっとも盛大な祝日。旧暦に基づくので、西暦での日付は毎年異なる。全国的に1週間ほどの連休となる。
国際労働節
(メーデー)
西暦5月1日 約1週間ほどの連休となる。
国慶節
(建国記念日)
西暦10月1日 1949年10月1日に、故毛沢東主席が天安門にて中華人民共和国の建国を宣言したことにちなむ。全国的に1週間ほどの連休となる。
伝統的な記念日
元宵節 旧暦1月15日 春節後に到来する最初の満月の夜。元宵(もち米で作った団子)を食べたり、提灯を飾ったりして祝う。
清明節 春分15日後 先祖の墓参をする日。祖先を敬い祭る行事が中国各地で行われる。
端午節 旧暦5月5日 戦国時代の「楚」の愛国詩人・屈原が汨羅(べきら)という川に身を投じた日とされる。屈原の遺体が魚に食べられないように、川にちまきをまいたことから、この日にちまきを食べるようになったという言い伝えもある。
中秋節 旧暦8月15日 一年で一番美しいとされる中秋の名月を観賞する日。この日に月餅を食べる習慣があり、月餅を贈りあう。
重陽節 旧暦9月9日 「9」は陰陽五行で「陽」にあたり、陽2つ重なるとして「重陽」という。中国では縁起のいい数字である。この日、菊花酒を飲み、高い所に登って景色を眺め、邪を避け災いを除く風習がある。
臘八節 旧暦12月8日 仏教に基づく祭日で、釈迦が12月8日に悟りを開いたことにちなむ。地方によっては「臘八粥」という8種の穀物で作った粥を食べる習慣がある。
その他の祝祭日
国際労働婦女節
(世界婦人デー)
西暦3月8日 1908年3月8日、ニューヨークで行われた女性参政権要求にちなんで作られた国連の記念日。女性のみ半日休み。
青年節
(青年の日)
西暦5月4日 1919年5月4日に起きた日本の中国侵略に反対する「五・四運動」にちなむ。中学生以上は半日休み。
国際児童節
(子供の日)
西暦6月1日 児童は、学校が1日休み。各地で子供対象の記念行事など。
八一建軍節
(人民解放軍記念日)
西暦8月1日 1927年8月1日共産党が武装蜂起し、国民党と完全に決裂したことにちなむ。人民解放軍・軍事機関のみ半日休み。
教師節
(教師の日)
西暦9月10日 孔子の誕生日にちなむ。教師は1日休暇となる場合もある。
利用規約 | プライバシーポリシー | サイトマップ | お問い合わせ | © TradeMart Co., Ltd. 2011 All rights reserved.